スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花とゆめ
2012年07月21日 (土) | 編集 |
やふ~(´・ω・`)ノ

今話題の話題?モノノフでは話題の

少女マンガ「花とゆめ」購入したゼェェェェット(`・д・´)9m

ツイッターでも呟いたんですが、まぁ、買いにくい買いにくい。
いろんな敵と戦ったぜ!

仕事終わりに、本屋寄ったんだ。
まぁ、少女マンガとは知ってたので、あのあたりに並んでいるだろうな・・・と
横目で少女マンガの棚のところをまずは通り過ぎた。

(間違いないあそこにあるな)

っと、あとは目当ての「花とゆめ」だ!
しか~し、見慣れてないのでなんかごちゃごちゃしてるっていうか、きらきら?
表紙が同じようにみえるし、タイトルがまたこれがみにくい(´・ω・`)

どこやどこや、と探していたら、(゚д゚)!あった

しかし、ここで天敵現る!
20代後半あたり?かな私とあんまりかわらないぐらいかの女性がやってくる。

ヤヴァイ、三 (lll´Д`)ササッ

ちょっと離れたところで、様子を伺ってみたら、まぁ~その女性が発見した物の真ん前で立ち読みし始めるじゃないか(≡д≡)

5分ぐらい経過・・・

しゃあない、たかがひとりや大丈夫!
っと勇気をだして、目的の物に近寄った、隣にはまだ女性!
目的の物をしっかりみてみたら・・・・

(*゚Д゚) アレ?

何か違う・・
確かももクロ下敷きって表紙に載ってるのは知ってたので
違和感を感じた、だが「花とゆめ」とは書いてある。
物を持ったまま、フリーズしたわw
まじでテンパった。

女性の横目での視線は感じつつも、きょろきょろと見渡した。
そしたら、目の前にあるところに立てて置いてある「花とゆめ」を発見。
手にとってみたが、またしてもももクロ下敷きとか載っていない。

(*゚Д゚) アルェ~?

まじ、ヤヴァイ、テンパって一旦退散!

おかしい、まじでおかしい。
本屋の中を一周して、また少女マンガのコーナーへ!

っと足が止まった。

今度は高校生ではない、たぶん中学生あたりの少女がいるジャマイカ・・・。
さっきの女性と同じく立ち読みをし始めた。

ヤベ━━━<(;゚;Д;゚;)>━━━!!

勇気がでなかったのでまた、本屋内をウロウロ
ずっとipodでももクロ聴いていた、そこでDNAが流れた。

キミは諦めるか 目をそらすか
しっぽを巻いて逃げ出すか
目も口も耳もふさいだ サルになって生きてくか
いつか来る悲しみなら ちゃんと来るかわからない
そんなもののせいで今から
グズグズしちゃだめだ ビッと覚悟決め飛び出し行こう


この瞬間まじで覚悟きめたわ!
iPhoneだして、「花とゆめ」の画像だして、店員に
私「この本どこにありますか?」
店員「こちらになりますね」
と本のある場所まで誘導してくれた。

まぁ、周りの視線がぱなかったわ。

ここかぁと本を手にして店員にお礼をし、レジに向かおうとしたら

(。´д`)

ももクロちゃんが表紙のクイックジャパン2冊がこっちを見ている。
持ってなかったのでそりゃもちろん手にとったさ。

最後の敵はレジのお姉さん。
ここまできたら引き下がれんわな。

堂々と本を渡して、会計してやったぜ!

「花とゆめ」だけなら子供が~(いないけどね)って理由つけたりとか?
できるんだが、クイックジャパン2冊両方とも、ももクロちゃんが表紙ってついてくると

完全にモノノフってバレたな。

レジのお姉さんが、モノノフって言葉は知らなくとも、完全にアイドルヲタかぁ
見たいな目で見られてたかも・・・。
さすがに直視はできなかった。

いっそ
「モノノフ?」って聞かれて
「Yes、モノノフ( ´∀`)bグッ!」
ってやる方が気が楽だぜ。

聞かれるわけないがな・・・・w

IMG_0420.jpg

まぁ、無事に購入できてよかった。
腋汗がまじパネェ:(;゙゚'ω゚'):
今年一番変な汗かいた日だぜ。

IMG_0421.jpg
とりあえず、満足!
この笑顔が見れれば、軽いもんだぜとか思っちゃったりw

まだ、購入してないモノノフの諸君
検討を祈る(`・ω・´)ゞ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。